【東京】キャバクラにはどんなお客さんが来るの?客層をエリア別解説

キャバクラの客層を東京のエリア別に解説

キャバクラで働きたいと思った時に、気になるのはお店の客層ではないでしょうか?
初心者さんなら「変なお客さん来ないかな」「年齢層ってどれくらい?」と不安になることも多いはず。

そこで今回は、キャバクラの客層を東京のエリア別にまとめてみました。
キャバクラという同じ業種であっても、エリアによって客層は大きく異なります。
ぜひ記事を参考にしていただき、自分に合ったエリアでお仕事探しをしてみてくださいね!

新宿(歌舞伎町)

国内最大級の歓楽街として知られる歌舞伎町を有する新宿は、キャバクラの数も国内トップクラス。
「キャバ嬢をするなら歌舞伎町」と憧れる女の子も少なくないでしょう。

新宿はリーズナブルなお店から高級店までお店の幅が広く、客層も様々なエリアと言えます。
そのなかでも圧倒的に多いのが、一般企業の会社員や大手企業の重役さんクラスのお客様。
新宿は都内屈指のビジネス街というだけあって、納得の客層ですね。

そのためキャバクラに来られるお客様は、会社の接待やお付き合いで利用されることが多いです。
服装も、ピシッとしたスーツ姿で来店される方がほとんど。
新宿のお客様はみなさん良識のある方ばかりで、キャバクラの楽しみ方も心得ていらっしゃいます。

MEMO女の子へのマナーもあり、気持ちよく接客ができますよ。
キャバクラでのお仕事が初めてという方にもオススメしたいエリアと言えます!

銀座

高級クラブやラウンジが多いイメージの銀座は、客層もハイクラス。
具体的には、会社経営者や実業家、著名人の方が多い印象ですね。
お店の料金設定は他のエリアと比べても高額で、金銭的に余裕のある富裕層の方が来店されます。

その分お店で働く女の子の採用基準が高く、経験者でないと雇ってもらえないことも。
ナイトワーク初心者の方には難しいエリアかもしれません。
しかしお客様の質は非常に高く、お店での遊び方を熟知されている紳士的な方ばかり。
指名や同伴、アフターもばんばん入るので、キャバ嬢として高収入を得て成功したい方には絶好のエリアです。

MEMO老舗のキャバクラも多いので、女の子が安心して働けるエリアと言えるでしょう。

六本木

おしゃれなショップや、口コミサイトで評価の高い話題の飲食店が多く立ち並ぶ六本木。
そんな六本木エリアでは、30代〜40代の比較的若いお客様が数多く来店されます。

お客様の職業は、飲食店のオーナーや自分の能力を活かしたベンチャー企業経営者、投資家、テレビ業界人などですね。
若くして成功した方が多く、貴重なお話を直接聞けるチャンスも豊富ですよ。

六本木のキャバクラでは派手な飲み方や楽しみ方を好まれることが多く、どんちゃん騒ぎになることもしばしば。
そのためキャバ嬢もノリの良さを重視し、盛り上げ役に徹することができる女の子が選ばれます。

MEMOお客様と一緒に楽しむことができる方、お酒が強く賑やかな雰囲気が好きな方にはオススメのエリアです。

池袋

池袋のキャバクラは、エリアによって客層が大きく異なります。

池袋駅西口は、リーズナブルにキャバクラが楽しめるエリア。
料金設定が低めなので、学生さんやフリーターの方など比較的年齢層の若いお客様が多い印象です。

反対に池袋駅東口はと言うと、高級店が多くちょっと敷居の高さを感じるエリア。
料金設定が高めなので年齢層も高くなります。

MEMO「賑やかで若い客層は良い」と言う方であれば西口のお店がオススメですし、「落ち着いた客層が良い」と言う方は東口のお店を選ぶと良いでしょう。

その他のキャバクラが少ないエリア

ここでは、比較的キャバクラの数が少ないその他のエリアについてご紹介したいと思います。

キャバクラが少ないエリアは、都市部のキャバクラと比べると基本的にゆるい雰囲気のお店が多いです。
またそういったエリアはお店の近くに住んでいる方が来店されるため、常連客が多く指名が取りやすい傾向にあります。

MEMO「まずはキャバクラでの仕事に慣れたい」という考えの方なら、競合店が少なく稼ぎやすいエリアからスタートするのも良いでしょう。

まとめ

キャバクラは、エリアによって雰囲気や客層が大きく違ってきます。
快適に働くためにも、自分に合った雰囲気のエリアを選ぶことは何より大切。
東京エリアでお仕事探しをしている方は、いろいろなお店を体験してぴったりの場所を見つけてくださいね!